2018年1月

【1月23日】“将来、山口県で暮らしたい?”…民青シールアンケート

 1月23日、民青同盟山口県委員会が街頭宣伝を行い、中高生を中心に13人がシールアンケートに応じました。『将来、山口県で暮らしたいと思う?』の質問には7割が「思う」と回答。『山口県政に実現してほしいこと』は、『子どもの医療費高校卒業まで助成』が最多8票、『教職員を増やして小中高校で30人学級』『岩国米軍基地艦載機撤退』が4票でつづきました。

 ある中学1年生は「上関原発は絶対作らないでほしい」「北朝鮮が危険というけど、アメリカが挑発しなければ攻撃しない」と友達2人と一緒にシールを貼りました。

 宣伝に参加した同盟員は「将来山口県で暮らしたいと思っている人が多かったのは嬉しい。その思いが叶うよう暮らしやすい県にしていきたい」と感想を話しました。